【株主総会ライブ】富士通(4)「表に出せない」「解任の方がよかった」虚偽の辞任理由で釈明 (1/4ページ)

2010.6.21 13:17

富士通の株主総会会場に入る株主ら=横浜市港北区の新横浜プリンスホテル(村山雅弥撮影)

富士通の株主総会会場に入る株主ら=横浜市港北区の新横浜プリンスホテル(村山雅弥撮影)【拡大】

  • 富士通の株主総会会場に入る株主ら=横浜市港北区の新横浜プリンスホテル(村山雅弥撮影)

(3)間塚会長ら3人の選任に反対 株主が修正動議に戻る

 《質疑応答では、株主から次々と質問が出る。野副元社長の辞任問題では、株主の意見も真っ二つに別れた》

 株主「富士通という会社は非常にピュアだと感じていたわけだが、青天のへきれきのように前社長の辞任問題が出てしまった。だが、富士通は富士通の毅然たる態度で積極的に対応してほしい。秋草さんの問題ですが、20年間、富士通にとっての功労者で相談役まで辞めさせる馬鹿な話はない。ただ配当をもっとあげてほしい」

 《会場から拍手が起き、山本社長が笑顔で回答する》

 山本社長「温かいご支援で勇気100倍でございます。増収増益を目指し、さらなる配当のアップに努めたい」

 《別の男性の質問に移る》

 株主「(社長辞任に関するゴタゴタが)1,2度あり、3度あることにならないよう、こういう話題が出てこないように努めてほしい。また、社外取締役や社外監査役を置いているが、その有用性は?」

 間塚会長「今回の件に関しても、外部の取締役の方々や監査役の方々が監視監督の機能を責任を果たされたと考えている。これからも外部監査役の方々、きっちりやってもらいたいと考えている。今後も外部監査役の方々のご活躍を期待したい」

 男性「辞任の理由が(当初の病気辞任から)訂正された。この件に関して、虚偽報告だったということですが、取締役の方々はどういう責任を感じているのか。虚偽報告は上場廃止の危険もあり、もし(報道などで)ばれなければ病気のままで変更せず、そのままにしていたのか。辞任じゃなく解任にして、正直にディスクローズするべきだったのでは」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。