【開発物語】東北新幹線「グランクラス」 国内最強のサービスを (5/8ページ)

2010.12.14 05:00

まるで航空機のような「グランクラス」のシート。手元のボタン一つで、アテンダントを呼び出すこともできる=東京都新宿区のJR東日本本社

まるで航空機のような「グランクラス」のシート。手元のボタン一つで、アテンダントを呼び出すこともできる=東京都新宿区のJR東日本本社【拡大】

  • 「はやぶさ」の新シート「グランクラス」開発チーム=6日、神奈川県大和市(瀧誠四郎撮影)
  • JR東京駅に初めて入るE5系「はやぶさ」の量産先行車。カモノハシのくちばしのような「顔」が印象的だ=2009年12月9日、東京都千代田区

 「寝返りもしないほど、寝心地がよかった」と、JR東新幹線車両グループの齋藤裕之さんは胸を張る。川重機器・工事営業部の鉄道車両用腰掛担当部長、徳満修一さんも「本当に疲れないシートだ」と自信たっぷりだ。東京-新青森(713.7キロ)を約3時間20分(来年3月からは約3時間10分)で結ぶはやぶさ。グランクラスは、みちのくの旅の質を大きく変える可能性を秘めている。

 異分野の才能、妥協せぬプロ意識

 ≪TEAM≫

 日産自動車の「GT-R」から東北楽天ゴールデンイーグルスのベンチまで、レカロの大島正敏さんは数え切れないほどのシートを設計してきた。シート一筋と思いきや、学生時代はまったく関係のない応用化学専攻だった。

 大島さんが初めて就職したのは化学プラントメーカーだったが、不況でその会社が経営不振となり、トヨタ自動車の系列会社に再就職、シートの設計に携わるようになった。その非凡な才能にレカロが目を付け、約10年前にスカウトした。人間工学に基づき、データを駆使しながら理論的に語る姿に、JR東日本の遠藤知幸さんは「ドイツ企業だけあって、欧州の腰掛ける文化を熟知している」と評する。

グランクラスで一番こだわったのは照明だ

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!