【株主総会ライブ】東電(1)「1日も早く危機克服」 合理化にも総力

2011.6.28 10:26

 東京電力の定時株主総会が28日、都内のホテルで始まった。冒頭、勝俣恒久会長は、福島第1原発事故などについて、「広く社会のみなさんに多大なご迷惑とご心配をおかけしていることを衷心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。 総会では、一部の株主が提案した原発撤退を求める議案にどれだけの賛成が集まるかが焦点となる。

 《ブザーの音とともに、定時の10時ちょうどに始まった。議長を務める勝俣恒久会長が冒頭、神妙な面持ちで福島第1原発事故に至った経緯を説明、謝罪した》

 「おはようございます。会長の勝俣です。ただいまから第87回定時株主総会を開始します。このたびの東北地方太平洋沖地震による福島第1原発の事故、さらには電力の供給力不足に伴う計画停電により、株主、立地地域に多大なご迷惑とご心配をおかけしておりますことを役員一同、心よりお詫び申し上げます」

 「現在、当社は国と自治体の協力あおぎながら事故収束に全力を挙げているところです。安定供給果たすため、供給力確保に全力を挙げています。事故で被害受けた方の補償についても原子力損害賠償法に基づき、国の支援を頂きながら、公正かつ迅速に対応してまいる次第であります。当社としては、直面する極めて厳しい環境を踏まえて、グループの総力をあげて経営合理化に取り組み、一日も早く危機克服を進めてまいります。株主におかれましては、引き続き、ご指導ご鞭撻よろしくお願いします」

 《大きな拍手がわく》

 「それでは議事に入らせて頂きます。定款に基づき、私が議長をつとめます。株主のご協力をどうぞよろしくお願いします(拍手が沸く)。会場のみなさまからの発言は私からご案内するのでご了解お願いします」

 《冒頭の挨拶に続き、清水正孝社長から決算などの監査報告が行われた》

(2)事故は「異常な天変地異」と弁明 に続く

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!