米ヤフーが特許侵害で提訴 業界注目 フェイスブックの和解金狙い? (1/3ページ)

2012.3.20 05:00

 米インターネット検索大手ヤフーが、交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックを相手取って起こした訴訟が波紋を広げている。ヤフーはフェイスブックに特許を侵害されたと主張しているものの、市場では、業績不振で経営が迷走するヤフーが、株式公開を控えるフェイスブックを狙い撃ちしたとの見方が強い。訴訟の行方は、SNSの雄に躍り出た新興企業の事業展開にも影響を及ぼしかねず、インターネット業界各社が大きな関心を寄せている。

 ◆04年にはグーグル

 ヤフーは今月12日、ネット広告などに関する特許をフェイスブックが侵害したとして、カリフォルニア州の連邦裁判所に提訴。「フェイスブックは他社も支払っている特許料を支払うべきだ」と主張している。

 一方、フェイスブックの広報担当者はフジサンケイビジネスアイの取材に「ヤフーは長年の提携相手で、提訴は不可解」と戸惑いを隠さない。

 今回のヤフーの訴訟に対し、米IT(情報技術)業界では「狙いすました提訴」との見方が広がっている。ヤフーは、最大のライバルで米ネット検索最大手のグーグルが2004年に上場した際、直前に特許侵害で提訴した「実績」がある。グーグルは多大な出費につながりかねない訴訟を引きずることを恐れて和解し、特許料などの名目で株式をヤフーに発行した。