日本の「当たり前」は通用しない 大学生が世界で見た「勝てないワケ」(下) (3/4ページ)

2012.3.25 18:00

学生にインタビュー=2012年2月8日、メキシコ(獨協大学の有志学生記者、金田隼人撮影)

学生にインタビュー=2012年2月8日、メキシコ(獨協大学の有志学生記者、金田隼人撮影)【拡大】

  • 学生にインタビュー=2011年、ベルギー・首都ブリュッセル(獨協大学の有志学生記者、金田隼人撮影)
  • 学生にインタビュー=2012年1月、英国・ケンブリッジ(獨協大学の有志学生記者、金田隼人撮影)
  • 学生にインタビュー=2011年9月15日、タイ・首都バンコク(獨協大学の有志学生記者、金田隼人撮影)
  • 学生にインタビュー=2011年、ベトナム・ホーチミン(獨協大学の有志学生記者、金田隼人撮影)
  • 学生にインタビュー=2011年10月31日、イスラエル・首都エルサレム(獨協大学の有志学生記者、金田隼人撮影)
  • コペンハーゲン大学の日本語学科の学生たちと大学寮のラウンジにて=2011年、デンマーク(獨協大学の有志学生記者、金田隼人・本人提供)

 海外にある日本食レストランを見ても同じだ。日本人の経営と中国人の経営では、一般的に後者の方が人気である。なぜならば、日本人は職人肌で素材や細部にまでこだわって納得いく料理を出しているが、中国人は安く早くをモットーに味もそこそこのものを出す。人件費も日本人の方が高く、ほとんど現地化はしていない。

 ここに日本のグローバル化の問題があるように感じる。いくら外国語をしゃべれるようになっても、教育制度の違いを克服しても、現地を理解しない海外進出は受け入れられない。グローバル化とは、このことをまずは念頭に入れないといけないだろう。

 恵まれた自分たち

 海外に出てみて、自分が日本人であることを再認識すると同時に、いかに自分が恵まれているかがわかった。自分というものさし、日本人のものさしは明らかに海外とは違い、ずれや差があった。しかし、それを海外に押し付けている日本も痛感した。それはグローバル化ではなくジャパニーズ化ではないか。それを理解しない限り日本は海外へ出ても受け入れられないだろう。

(次ページ)「夢」を語る世界の学生たち

  • 大学生が見た「日本式が勝てないワケ」(上)“グローバル化”に受け身では…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!