日産自動車、横浜市でEVタクシー普及を狙った実証実験を開始

2012.4.11 14:48

 日産自動車は11日、病院のタクシー乗り場で電気自動車(EV)タクシーと通常のタクシーを交互利用する実証実験を18日に始めると発表した。EVタクシーの利用機会を増やし、EVの普及につなげる狙いがある。

 実証実験では、横浜市鶴見区内の病院に「EVタクシーシェアのりば」を設け、EVタクシーと通常のタクシーが交互に配車される。6台のEVタクシーが参加し、7月20日まで実施する。

 日産と横浜市は共同でEVやエコ運転を普及する「ヨコハマ・モビリティ・プロジェクト・ゼロ(YMPZ)」を進めており、今回の実証実験はその一環となる。