三菱自「i-MiEVエボ」も米レース参戦! モーター3個で性能アップ

2012.5.19 05:00

 三菱自動車は18日、7月に米コロラド州で開催されるヒルクライム(登山)レース「パイクスピークレース」の参戦態勢を発表した。電気自動車(EV)「i-MiEV(アイミーブ)」をベースにしたレース車両「i-MiEVエボリューション」と、市販モデルの2台で出場し、EVクラスでの「優勝を目指す」(益子修社長)。

 i-MiEVエボリューションは市販EVと同じモーターや電池などを使用するが、モーターを前輪に1個、後輪には左右それぞれ1個の計3個を使い、パワーとコーナーリング性能の向上を図る。この技術は来年発売する予定のプラグインハイブリッド車に応用する予定だ。

 ドライバーにはパリダカールラリー優勝経験のある増岡浩選手を起用し、主要部材を提供する明電舎、GSユアサなどがチームを支援する。

 トヨタ自動車や独BMWなどもEVで出場する予定で、環境への優しさと、勝負への厳しさを両立させた見応えのあるレースが展開されそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。