日本家電の落日 開発競争に明け暮れ…気づけば安いサムスンに敗北 (1/2ページ)

2012.6.29 05:00

【ビジネスアイコラム】

 約2年の支局暮らしを経て5月に大阪経済部に戻ってみると、以前と別世界を思わせる風景が広がっていた。経済誌の特集や新聞の企画には「家電敗戦」「テレビなぜ負けた」などのタイトルが並び、かつて日本の経済と雇用を支えていたパナソニックやシャープなどの苦境を書き立てている。

 少なくても2年前まで、堺市のシャープの液晶パネル工場や兵庫県尼崎市のプラズマテレビ用のパネル工場には関西経済の牽引(けんいん)役として期待が寄せられ、大阪湾はパネルベイともてはやされていた。それが今、ソニーを含めた家電3社は2012年3月期連結決算でそれぞれ過去最大の最終赤字を計上する事態に陥り、自前のパネル生産にこだわったテレビ事業への過剰投資が不振の原因だと戦犯扱いだ。

 高い技術力を誇り、世界市場への戦略商品だった日本のテレビは、いつの間にか強みを失っていた。円高に加え、国内で地上デジタル放送移行に伴う特需がなくなったことが影響したのは間違いない。だが、安価なテレビを桁違いの規模で市場に投入する韓国メーカーとの過当競争で価格破壊が進んだ結果、「売れば売るほど赤字になる」(家電大手幹部)状態に成り下がってしまった。シャープの堺工場の稼働率は3割程度と低迷し、パナソニックの尼崎工場は一部生産停止に追い込まれた。

気がつけば、海外市場で消費者に選ばれたのは画面でも音でもなかった…

  • “家電の顔”はエアコンなど白物家電へ 「わくわく感」不足のテレビは凋落

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!