ユニクロ“世界一”へアジア重視 前年比107店舗増の出店計画 (1/2ページ)

2012.7.3 05:00

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、2020年にアパレル製造小売り(SPA)で売り上げ世界一になることを目標にしている。アジア市場をその原動力とみて、出店を加速させる。12年8月までに日本を除くアジア地域で前年比107店舗増の出店を計画している。

 現地紙マニラ・ブレティンなどによると、同社は、フィリピン・マニラ首都圏の大型ショッピングモールにユニクロの旗艦店舗を6月15日に開店した。東南アジアでは、シンガポール(09年4月)、マレーシア(10年11月)、タイ(11年9月)に次いで4カ国目の進出となる。

 同社は今後、世界で年間200~300店のペースでユニクロの店舗を拡大する計画で、その大半をアジアに集中する。12年2月末で、中国が海外234店舗中129店と最も比重が高いが、東南アジアでも急速に店舗網を拡大していく。

 フィリピンでは、マニラ首都圏を中心に今後3年間で50店舗を出店する計画。近い将来、インドネシアやベトナムにも進出する予定だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。