JR東海社長の我慢も限界? リニア大阪早期開業論に「ありえない!」 (4/5ページ)

2012.7.17 08:00

山梨リニア実験線を走行する実験車両「MLX01-901A」=2010年5月

山梨リニア実験線を走行する実験車両「MLX01-901A」=2010年5月【拡大】

  • 秋山トンネルの内部。緩やかにカーブしている
  • JR東海の山田佳臣社長。リニアの大阪早期開業論に強い口調で反発した
  • トンネル近くの橋梁に設置された半円形の「明かりフード」。動物の侵入防止にも役立つという
  • 軌道部分の骨組みに設置されたパイプには、電気ケーブルを通す

 また、現行計画で「奈良市付近」としている中間駅に対し、京都財界や自治体からJR京都駅への誘致を求める声についても、「全国新幹線鉄道整備法にどういう地点を通るかが定められている。もう一度法律を読み直してもらえれば」とバッサリ切り捨てた。

 山田社長の強硬姿勢には伏線があった。山田社長は昨年2月に名古屋市内で開いた会見で、「今のところ東京-名古屋間をやり切ることしか頭にない。あまりにぎやかに議論してほしくない。冷静になって」と、加熱する誘致活動の沈静化を遠回しに求めていた。

 だが、その後も大阪府の松井一郎知事らと関西財界は4月に、東京-名古屋間と同時に名古屋-大阪間も着工するよう連携して求めていくことで合意。駅については、当初はJR大阪駅地区への誘致が想定されたが、「(早期着工を求めるには)新大阪駅の方が説得力がある」との方針で一致するなど、地域の期待と要望は日に日に大きさを増している。

「1人でやりたい」というJR東海との“綱引き”

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。