JR東海社長の我慢も限界? リニア大阪早期開業論に「ありえない!」 (5/5ページ)

2012.7.17 08:00

山梨リニア実験線を走行する実験車両「MLX01-901A」=2010年5月

山梨リニア実験線を走行する実験車両「MLX01-901A」=2010年5月【拡大】

  • 秋山トンネルの内部。緩やかにカーブしている
  • JR東海の山田佳臣社長。リニアの大阪早期開業論に強い口調で反発した
  • トンネル近くの橋梁に設置された半円形の「明かりフード」。動物の侵入防止にも役立つという
  • 軌道部分の骨組みに設置されたパイプには、電気ケーブルを通す

 山田社長がやんわりした表現から直接的な反論に変貌したのは、こうした関西の動きと無縁ではあるまい。

 開通すれば東京-名古屋間を40分、東京-大阪間を67分と、所要時間を東海道新幹線に比べ大幅に短縮できるだけに沿線の財界や自治体にとっては、リニアによる経済効果を是が非でも早く取り込みたいという考えは変わらない。

 「1人でやりたい」というJR東海との“綱引き”は、今後も続きそうだ。

「新幹線は日本の汗と涙の結晶だ!」 中国側にJR東海社長が苦言

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。