【底流】ソフトバンク“プラチナバンド” 孫社長「つながりにくいとは言わせない」 (2/4ページ)

2012.7.29 07:00

 同じ特性を持つ800メガヘルツ帯でサービスを展開するドコモ、KDDI(au)に比べ、ソフトバンクは「不利な戦い」を強いられてきた。利用者に不満が募っていたが、悲願だったプラチナバンド獲得によって、孫社長は「もうつながりにくいとは言わせない」と自信満々だ。

 ただ、900メガヘルツ対応の基地局はサービス開始当初で同社全体(約18万局)のわずか数%。平成23~25年度の3年間で1兆5500億円を投じ、「垂直立ち上げで一気に改善していく」(孫社長)計画だが、人口カバー率90%超を達成できるのは2年後だ。すでに800メガヘルツ帯で人口カバー率99%超を実現しているライバルに対し、なおしばらく通信品質で苦しい戦いが続く。

 怠った設備投資

 「つながりにくい」との評判に対し、ソフトバンクは利用する電波特性の違いを理由にしてきた。だが、業界には“自業自得”との見方もある。先行するドコモやKDDIに比べて設備投資を怠っていた時期があるからだ。

 売上高に対する設備投資額の比率をみると、それがうかがえる。携帯電話事業に参入した18年度は15・3%とKDDIよりも高いレベルにあったが、20年度には9・6%、21年度は8・0%と減少した。NTTドコモ、KDDIは15%以上を維持しており、ただでさえライバルより劣っていた通信品質の差は、さらに開くことになった。

過去の設備投資の減額が通信環境の悪化を助長?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!