サントリー「オランジーナ」日本上陸作戦 チームワークで大ヒット導く (2/4ページ)

2012.7.30 05:00

ペットボトルと缶の2種類で発売された「オランジーナ」と久米さん

ペットボトルと缶の2種類で発売された「オランジーナ」と久米さん【拡大】

  • 販売計画を上方修正し、生産ラインがフル稼働しているオランジーナ(サントリー食品インターナショナル提供)

 オランジーナ社は、欧州を中心に、炭酸飲料「シュウェップス」などのブランドで知られ、清涼飲料市場(水を除く)で米コカ・コーラに次ぐ2位。サントリーの海外事業強化を象徴する買収として、当時業界で話題を集めた。

 オランジーナの日本での商品展開は、その当時から検討していた。日本だけでなく、アジア市場も視野に入る。日本市場での売れ行きは、その後の海外市場の成否を占うだけに、久米さんら食品事業部のチームが背負った重圧は大きかった。久米さんは「苦労は数え切れないほどあった」と振り返る。

 まず、直面した課題は「オランジーナのブランドイメージを崩さずに日本でヒットさせるにはどうすればいいのか」ということだ。日仏の市場の違いを双方の担当者に理解してもらうことが欠かせない。わかりやすく説明し、粘り強く理解を得る努力を心がけた。

 具体的な問題として浮上したのは、飲料の容器をどうするかだった。フランスでは、カフェなどで飲まれるガラスのビンが象徴的なのに対し、日本は店頭販売を念頭に置いていたためペットボトルと缶の使用が想定されていた。そこで考え出されたのが、「ビンをモチーフに丸みを帯びた独自のペットボトル」の開発だ。

仏発の国民的飲料がやってきたという印象を強く打ち出す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!