「アテンザ」マツダの技術すべて結集 山内社長「歴史上もっとも輝く一台に」 (1/2ページ)

2012.11.20 12:33

  • マツダが20日に発売した新型「マツダアテンザ」を発表する山内孝会長兼社長=20日、東京都千代田区(古川有希撮影)

 1リットル当たり17.4キロ

 マツダは20日、同社のフラッグシップ車種と位置づける「アテンザ」を約5年ぶりに全面改良し、発売した。

 新たに高効率ディーゼルエンジン搭載モデルを設定するなど、マツダ独自の新世代技術「スカイアクティブ」を全面採用し、燃費が大幅に向上した。セダンとワゴンの計8モデルで、250万円から。

 新型アテンザは、独自のアイドリングストップ機構「アイ・ストップ」や、減速時のエネルギーを利用して発電する「アイ・イーループ」を標準搭載。2000ccガソリンエンジン車での燃費は、先代モデルと比べ30%改善し、ガソリン1リットル当たり17.4キロを達成した。ディーゼル車は、1リットル当たり22・4キロ。

「フラッグシップモデルだ」と自信

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!