焦燥の日本郵政、描けぬ将来像 政治情勢が再び影落とす可能性も (1/5ページ)

2012.12.3 08:00

  • 郵便の取り扱い数

 影落とす政治情勢

 政治に翻弄され、曲折の末に今年10月に発足した新生・日本郵政グループの経営の先行き不透明感が強まっている。傘下のかんぽ生命保険が申請した学資保険の新商品の認可をめぐり、政府・与党内の見解が対立。来年4月の新規業務開始に「黄信号」がともる。さらに深刻なのは長期不振が続く赤字体質の郵便事業の足かせだ。

 郵便の赤字を金融事業の利益で補填(ほてん)する構図の解消は見えず、新規業務がスタートしても市場の収益成長期待は高まらない。衆院選後の政治情勢が再び経営に影を落とす可能性もあり、2015年秋までを目指す上場計画は視界不良だ。

 上場計画に暗雲

 「保険業法上の認可の見通しが立たない状態で、販売の準備には入れない」

 日本郵政の関係者は困惑した様子で話す。かんぽ生命の学資保険の新商品は、11月30日に総務省と金融庁が郵政民営化法に基づき認可する一方で、金融庁が保険業法に基づく認可を先送りし、政府内の対応が食い違う異例の形となったためだ。

関係閣僚の見解に温度差

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!