【クルマ人】全方位型で攻める「フォレスター」 四駆でも燃費性能を無視せず (1/3ページ)

2012.12.9 07:30

SUV「フォレスター」を紹介する開発責任者の臺卓治プロジェクトゼネラルマネージャー

SUV「フォレスター」を紹介する開発責任者の臺卓治プロジェクトゼネラルマネージャー【拡大】

  • 後部座席から見たフォレスターの車内。乗員の頭や肩回りのスペース確保にこだわったという
  • トランクドアの電動化などで「日常の使い勝手」も向上した新型フォレスター

 富士重工業は11月13日、四輪駆動のスポーツ用多目的車(SUV)「フォレスター」を約5年ぶりに全面改良して発売した。

 悪路の走行性能を高める新開発の四輪駆動制御システムを搭載したほか、注目度の高い燃費性能も向上。オフロードと街乗りのどちらにも適した「全方位型SUV」を目指したという開発担当者、臺卓治(だい・たくじ)プロジェクトゼネラルマネージャーに、こだわりの点などを聞いた。

 --前モデルからの大きな変更点は

 「開発に当たって国内外でSUVユーザーの声を聞いたところ、われわれが想定していた野外レジャーなどの『オフ』だけでなく、日々の通勤や買い物など多くの場面でSUVが使われているとわかった。そこで、スバル車がかねて強みとしてきた高い走行性能に加え、日常の使い勝手についても見直しを加えた」

これまでSUVと縁遠かった女性客へのアピール点

  • 【クルマ人】燃費ナンバー1は譲れない! 無駄を削って突き抜けた新型「ミラージュ」
  • 【クルマ人】キャラが立ってるマツダ「アテンザ」 人馬一体の爽快感
  • 【クルマ人】誰でも買えるスポーツカー「86」復活!トヨタ社長に直訴した多田氏
  • 【クルマ人】走りにこだわるホンダ「NーONE」 ツートンカラーで「生活臭」払拭
  • 【クルマ人】「レガシィ」伝説刻む走行性能 “全性能進化”は伊達じゃない!

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!