地図はやっぱりグーグル頼み iPhone向けアプリ復活! (1/2ページ)

2012.12.14 06:30

 米グーグルは13日、東京都内で会見を開き、米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5」などに対応する地図アプリ(応用ソフト)「グーグルマップ」の提供を始めたと発表した。

 アップルが「5」に標準搭載した独自開発の地図アプリは誤表示が多く、オーストラリアではアプリに従って車を運転して遭難する事故が相次ぐ騒動も招いていた。

 新たな地図アプリは、アップルのアプリ配信サイトから無料でダウンロードできる。以前のアプリより動作が速くなり、目的地の最初の文字を入力すると予測して表示する機能を導入。音声での経路案内や到着予定時間の表示機能も盛り込まれた。

 モバイル端末用のアップルの基本ソフト(OS)「iOS」には、前機種の「4S」までグーグルマップを標準採用していたが、アップルは9月に発売した「5」に搭載し、前機種などにも対応する最新版OSでは削除した。

ライバルのアプリを排除

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。