小林製薬、大衆薬ネット販売中止 ドラッグストアに配慮か (2/2ページ)

2013.1.1 07:00

 同社が大衆薬のネット通販を始めた直後、店頭での販売減を懸念したとみられる一部のドラッグストア業界が、消費者の安全性やネット販売に至った経緯などを問う質問状を同社に提出しており、これを受けて配慮した可能性も指摘される。

 一方、06年3月から通販を実施している大正製薬は「通販では大衆薬を取り扱わない」(同社)方針を貫く。同社の売上高は大衆薬を中心とした「セルフメディケーション(自己管理治療)事業」が全体の6割強を占めるが、ネットなどの通販で取り扱うのは特定保健用食品(特保)などに限定し、順調に売り上げを伸ばしているという。

 大衆薬のネット販売規制をめぐっては、東京高裁が12年4月にネット通販を認める判決を下したほか、最高裁も13年1月にネット販売を認める判決を下す見通し。


  • コンビニ業界に淘汰の足音? 「アマゾンは怖い」ネットの脅威、成長鈍化も
  • クレーンゲームとネットが融合 「ネッチ」24時間どこからでもプレー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!