白物家電がデジタルに逆転 10年ぶりの“主役交代” (1/2ページ)

2013.1.23 07:00

  • 家電製品の国内出荷額

 電子情報技術産業協会(JEITA)が22日発表した2012年のデジタル家電の国内出荷額は、前年比43.0%減の1兆6054億円だった。薄型テレビの販売不振が響き、13年ぶりの2兆円割れとなった。一方、消費者の高機能志向が進む白物家電の国内出荷額は、昨年1~11月の累計で約2兆円に達しており、デジタル家電を10年ぶりに逆転した。

 JEITAによると、薄型テレビやブルーレイレコーダーなどデジタル家電の昨年12月の出荷額は前年比32.7%減の1709億円で、17カ月連続のマイナスだった。特に深刻なのが薄型テレビで、11年7月の地上デジタル放送への移行後の低迷が続いており、韓国や台湾メーカーとの価格競争も厳しい。

 調査会社BCNによると、昨年の薄型テレビの店頭平均価格は4万8600円と、10年の7万7800円から約4割も値下がり。足元の価格水準は回復基調にあるが、稼ぎ時の年末商戦も盛り上がりを欠き「ほとんどピークを形成しなかった」(BCNの道越一郎アナリスト)という。

すでにデジタル家電の通年実績を上回っている

  • 大型4Kで変わるテレビ勢力図 生き残り懸けた電機各社の戦略とは
  • シャープ、レノボに南京工場の売却検討 事業提携も視野に
  • ソニー“くもの糸”にすがる現実 映画好調で黒字化も…本業復活遠く

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!