日韓企業の家電格差なぜ生じた? サムスン幹部「シャープには勝ったも同然だ」 (2/4ページ)

2013.1.25 07:00

  • シャープが発表会で披露した4Kテレビ=米ラスベガス(板東和正撮影)

 サムスンに完敗

 経済産業省によると、2010年の家電の製造品出荷額は約8兆円だが、自動車は約47兆円。「家電で利益を生み出せなくなったメーカーの魅力的な食いぶちになる」(証券アナリスト)との期待は大きい。自動車分野をはじめ、家電各社が注力し始めているのが製品の値崩れが少ない企業向けのビジネスだ。

 12年3月期連結決算で、パナソニックが7721億円、ソニーが4566億円、シャープが3760億円と、いずれも過去最悪の最終赤字に転落した。

 一方、韓国のサムスン電子が今月8日に発表した12年12月期の通期営業利益は29兆100億ウォン(約2兆4000億円)前後の見通しで、「今や家電分野でサムスンと真正面から戦える日本企業はいない」(製造業幹部)。

 なぜ、日韓の間にこれほどの格差が生じてしまったのか。要因は約10年前にさかのぼる。

シャープの巨額投資を知ったサムスン幹部“ニヤリ”

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。