日韓企業の家電格差なぜ生じた? サムスン幹部「シャープには勝ったも同然だ」 (4/4ページ)

2013.1.25 07:00

  • シャープが発表会で披露した4Kテレビ=米ラスベガス(板東和正撮影)

 ソニーは、CESで「4K」と呼ばれる高解像度の有機EL(エレクトロルミネッセンス)テレビを他社に先駆けて発表。平井一夫社長は「有機ELテレビで常にソニーは業界をリードしてきた」と、商品化時期が決まっていないにもかかわらず、自画自賛した。シャープも「テレビ事業は捨てられない」(同社幹部)と中途半端な姿勢が浮き彫りになった。

 「テレビが家電の主役ではないといっても、(脱テレビは)社内では反発の声が上がる。ましてや脱家電など絶対に受け入れられない」。パナソニックのある幹部は、苦しい胸中を打ち明ける。最先端技術を持ちながらも、それを収益という結果に反映できない「焦り」と「あきらめ」が漂う日本企業は、赤字を止めることができない。

 CESの会場で、家電製品が「救世主」とはなれない事実を何度も訴える津賀社長はこうつぶやいた。

 「うちの家電部門の売上高は社内全体の3分の1しかないんですよ」

 韓国勢との直接対決に敗れ、巨額の赤字にあえぐ日本の家電メーカー。日本企業の復活には何が必要なのかを模索する。

“日の丸家電”なぜ先端技術があるのに勝てないのか サムスンも畏敬の念 に続く


産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。