ドコモ、冬モデルで回復の兆し 4~12月期決算で最終利益5.5%増

2013.1.30 16:57

NTTドコモの新商品発表会でスマートフォンなどをPRする(左から)女優の堀北真希さん、同社の加藤薫社長、俳優の渡辺謙さん=1月22日午後、東京都港区(桐原正道撮影)

NTTドコモの新商品発表会でスマートフォンなどをPRする(左から)女優の堀北真希さん、同社の加藤薫社長、俳優の渡辺謙さん=1月22日午後、東京都港区(桐原正道撮影)【拡大】

 NTTドコモが30日発表した2012年4~12月期連結決算は、売上高が前年同期比6.2%増の3兆3707億円、営業利益は5.6%減の7021億円と増収減益だった。スマートフォン(高機能携帯電話)の普及でデータ通信収入が増えた。

 一方、米アップルの人気スマホ「iPhone(アイフォーン)5」を取り扱うKDDI(au)やソフトバンクへの契約者の流出が続くなど競争が激化し、利用料金の割引に伴う費用がかさんだ。最終利益は5.5%増の4164億円だった。

 記者会見した加藤薫社長は「冬モデルの発売により競争力は回復の兆しがみられる」と話した。今後は、人気の端末を中心にPRを展開するほか、販売機種の絞り込むなど端末の選択と集中を進め、競争力の向上を目指す。

 通期業績は、売上高が前期比6.6%増の4兆5200億円、営業利益は6.2%減の8200億円と中間期の予想通りに据え置いた。

  • ドコモ社長「十分に対抗できる」 充実のスマホ春モデルでiPhone勢に反撃
  • 「SNS婚活」に潜む危険性 個人情報満載…筒抜けでトラブルも

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!