東海道新幹線、大地震でも3日以内に復旧 耐震対策「やれることをやる」 (1/2ページ)

2013.2.5 09:00

  • 脱線防止ガードを施された線路(右)の隣の線路に入り、JR三島駅に入線する東海道新幹線=1月9日午前10時45分ごろ、静岡県三島市(西川博明撮影)

【現場の風】

 JR東海 新幹線鉄道事業本部工事課長・田畑裕さん(47)

 --2019年度までの約10年間に総額約1200億円を投じ、東海道新幹線の東京-新大阪間で脱線防止策を実施するなど耐震対策を進めている。現場担当者の思いは

 「私は入社して5年目ぐらいで(1995年1月の)阪神大震災があった。(発生時間は新幹線が)全然走っていなかったので良かったが、あの構造物の被災状況を当社のメンバーは経験している。やれることをやっていく」

 --具体的な耐震対策の取り組みは

 「(過去の地震の)波形をもとにしっかり実験し、実際にゆすって解析している。橋脚に鋼板を巻くなどの対策で、阪神大震災クラスの直下型地震が起きても、発生から3日以内で新幹線を復旧できるよう手は打ってきている。(早期復旧には)新幹線が脱線することをいかに防ぐかもポイントになる。ただ、最高速度270キロで運転を再開できるかは、その時にならないと分からない」

耐震対策を進める上での課題は?

  • 正確無比!東海道新幹線の技術力 年間12万本の平均遅延「36秒」
  • JR東海社長「新幹線が生命線」 安全確保へ採算度外視で設備投資
  • 超電導リニア、夢の500キロ台を実現へ 走行制御は芸術的な領域に
  • 世界に誇るリニア新幹線、実用化へ大きな一歩 JR東海の戦略は?

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!