ドコモ再び純減…iPhoneの可能性は? NTT社長は投入に含み (1/2ページ)

2013.2.8 06:00

 携帯電話大手3社が7日発表した1月の契約数によると、NTTドコモは新規契約数から解約数を差し引いた純増減が1万2900件のマイナスとなった。純減は昨年11月以来2カ月ぶり。

 春商戦向けの新機種の発売を前にした買い控えや、米電子機器大手アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」を扱うソフトバンクモバイル、KDDIとの競争激化が響いた。ただ、ドコモはアイフォーン発売の可能性を否定しておらず、苦戦が続けば販売に踏み切る可能性もありそうだ。純増減はソフトバンクが24万1600件、KDDIが16万7500件のプラス。

 通信会社を変えても同じ番号を使える「番号持ち運び制度(MNP)」ではソフトバンクが6万1800件、KDDIが8万3900件の転入超に対し、ドコモは14万4700件の転出超と明暗が分かれた。

昨年来のドコモの苦戦を踏まえ、NTTの鵜浦博夫社長は…

  • “哀愁のガラケー”根強い固定ファン 電池の持続時間、割安料金など人気
  • スマホ市場成熟化、早くも転機か 主導権争い激化…台風の目はドコモ
  • ドコモ、冬モデルで回復の兆し 4~12月期決算で最終利益5.5%増
  • ドコモ、ジュニア向けスマホ正式発表 目標は初年度30万台

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!