ソニーとパナソニックが体制構築を急ぐワケ 薄型テレビ事業の教訓 (3/3ページ)

2013.2.16 08:15

ソニーが披露した4K対応の有機ELテレビ=7日、米国ラスベガス

ソニーが披露した4K対応の有機ELテレビ=7日、米国ラスベガス【拡大】

 一方、有機ELテレビも今後は価格下落が進み、16年の世界市場は約99億ドル(約9100億円)と、13年見込みに比べ31倍に膨らむ見通し。

 そんな中、LGは今月18日、先陣を切って韓国で有機ELテレビを発売する。この新しい市場を主導するには、韓国勢がシェアを拡大する前に、いち早く製品化にこぎ着ける必要がある。

 かつての家庭用ビデオレコーダーの規格争い「VHS・ベータ戦争」に象徴されるように、ソニーとパナソニックは長年のライバルだった。その両社が手を組まなければならないほど、日本のテレビ産業は追い込まれた状況ともいえる。(米沢文)


産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。