シェールガス解禁へ電力各社本腰 東電、富津LNG基地を増強 (1/3ページ)

2013.2.21 08:15

東京電力富津火力発電所のLNG設備。ナイジェリアからのLNG船(上)がLNGの荷降ろしを行っていた=20日午後、千葉県富津市

東京電力富津火力発電所のLNG設備。ナイジェリアからのLNG船(上)がLNGの荷降ろしを行っていた=20日午後、千葉県富津市【拡大】

 電力各社が、米国産の新型天然ガス「シェールガス」の対日輸出解禁をにらみ、液化天然ガス(LNG)基地増強などの受け入れ態勢整備に本腰を入れ始めた。原発停止で代替火力発電の燃料費負担が増している電力業界にとって、安価なシェールガスへの期待は大きい。ただ、「価格低減効果は限定的」(商社)との見方もあり、もくろみ通りにいかない懸念もある。

 東京湾に臨む東京電力の富津火力発電所(千葉県富津市)。20日、報道陣に公開された施設内では、ナイジェリアからの全長288メートルのLNG船が桟橋に横付けされていた。LNGは東電がスポット購入したもので、マイナス162度まで冷却されて体積が約600分の1の液体となった天然ガスがパイプで地下タンクに移された後、気化され、火力発電所でたかれる。

 東電は今後10年の経営改革計画で、調達するLNGの半分に相当する約1000万トンをシェールガスなど安価なガスに置き換えていく方針を掲げている。

液化コストや運賃を考えても大幅に安い

  • シェールガス戦略「対極」鮮明 三菱ケミカルと住友化学が歩む異なる道
  • 経産省がLNG調達に1兆円保証を検討 シェールガス調達支援も視野に

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!