ソニーはアップルよりも「高成長企業」?  (1/3ページ)

2013.2.26 09:00

アップルのロゴ

アップルのロゴ【拡大】

【ビジネスアイコラム】

 米アップルが大株主のヘッジファンド「グリーンライト・キャピタル」から圧力を受けている。1370億ドル(約13兆円)もの現金を手元に抱えているため、配当として株主に還元するよう求められている。

 共同創業者であり、カリスマ経営者だったスティーブ・ジョブズが死去してから1年余りのアップル。成長力に陰りが出てきたとの懸念から、株価は昨年9月の高値705ドルから3割以上下げ、500ドルを割り込んでいる。

 ジョブズ亡き後のアップルは有力な成長分野を見いだせず、株主へ資金を返還しなければならなくなったのか?

 一般に成長企業は低配当、成熟企業は高配当だ。成長機会が豊富にあれば利益を再投資し、さらなる成長を目指せばいい。株価上昇で株主に報いるわけだ。一方、成熟企業は魅力的な投資先を見つけられず、配当で株主に報いようとする。

アップルの配当利回りも2.3%に達している

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!