【ニッポン経済図鑑】伊勢丹新宿本店 ファッションとアートの融合 (1/3ページ)

2013.3.21 05:00

 ■新しい価値を持つ商品提供

 世界中から選び抜いた逸品の数々が「非日常」を演出し、人々を魅了してきた百貨店。小売業態の多様化に伴い、近年は間口を広げるカジュアル化の動きも目立つ。伊勢丹新宿本店(東京都新宿区)は「世界最高のファッションミュージアム」を目指し、約100億円かけた大規模リニューアルを終え、今月6日に全面オープンした。売り場にアート性を取り入れ、最先端のファッションモードを提案する情報発信スペースを各フロアに設けるなど、数々の仕掛けで百貨店の新しい楽しみを演出している。

 きらびやかな1階のブランド雑貨売り場を抜けてエスカレーターで2階へ上がると、露店のひしめくお祭り会場のような空間が目の前に広がる。

 「パーク」と呼ばれるこのにぎやかな空間こそ、今回のリニューアルの目玉。短いものは1週間で、次々とその表情を変え、得意客さえ飽きさせない。

 全面オープン日には、映画や音楽など1960~70年代のカルチャーを特集したコーナーが出迎えてくれた。人気モデル、ツイッギーのフォトブックを手にした女性店員が、特集のテーマを説明してくれた。「当時はファッションの潮流が、一点物のオートクチュールから既製のプレタポルテへと大きく変化した時代」。伊勢丹新宿本店の再生を表現したという。

 2~4階の婦人服・雑貨フロアの中央部に共用スペースとして新しく設置したパーク。担当した建築家、丹下憲孝さんは「フロアの中に『街』を作るイメージでデザインした」と狙いを話す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!