日産、1.2ギガパスカル級高成形性超ハイテン材 高強度・軽量化 高級車に採用 (1/3ページ)

2013.3.25 08:00

 日産自動車は、強度が1.2ギガ(1200メガ)パスカル級の超高張力鋼板(超ハイテン材)を新日鉄住金、神戸製鋼所と共同開発した。従来のハイテン材より高い強度と軽さを実現したうえ、複雑な形状でも加工しやすいのが特徴。今夏に北米で発売される高級ブランド車「インフィニティQ50」への採用を皮切りに、超ハイテン材の採用車種を増やしていく計画だ。

 加工も容易

 「新開発の超ハイテン材は、従来(のハイテン材)より強いのに軽く、コストも安い。さらによく延びる。車体が軽くなることで燃費向上にも貢献できる」

 日産の鈴木伸典・車体技術開発部長は、2008年から開発に取り組んできた1.2ギガパスカル級高成形性超ハイテン材の優位性をこう説明する。

 ハイテン材は炭素やシリコン、マンガン、チタンなどを配合して引張強度を高めた鋼材のことで、一般鋼材より薄く軽くすることができる。国内では20年ほど前から開発が進められてきた。

 最近では780メガパスカル以上という超ハイテン材を自動車部品に採用することも増えてきたが、1.2ギガパスカル級を採用するのは日産が世界で初めてだ。インフィニティQ50では、センターピラーなどの車体上部に使うことで従来車より11キロの軽量化を実現した。

高機能化することで鋼材の単価は上がったものの…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!