アップルに挑むサムスンの本気度 “敵地”で対抗意識むき出し (3/4ページ)

2013.3.31 08:15

 一方、アップルも手をこまねいてはいない。市場では、ギャラクシーS4を迎撃するため、「年内にもアイフォーン5の廉価版や機能を高めた新モデル(5S)を投入する」(ITアナリストのミンチ・クオ氏)との観測が根強い。

 ギャラクシーS4の発表直前、アップルのフィリップ・シラー上級副社長(52)は米メディアに対し、ギャラクシーなどグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホからアイフォーンへの乗り換えが進んでいると指摘し、「アップル製品が革新的だからだ」と強調した。

 協調から対決姿勢鮮明に

 アップルとサムスンはともに腕時計型の電子機器を開発中で、サムスン幹部は「未来の製品をどのメーカーが先に商品化できるか」と対抗意識をむき出しにする。アップルは次世代テレビも開発中とされる。スマホ市場は米国では飽和状態に近く、新たな成長分野の開拓が両社の急務になっている。

スマホなどの特許訴訟が、日米を含む世界中でエスカレート

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。