パナソニック戦略に株主興味なし? 「ゴーン待望論」経営陣へ痛烈批判も (3/3ページ)

2013.6.30 08:00

パナソニックの株主総会に訪れた株主=大阪市中央区の大阪城ホール

パナソニックの株主総会に訪れた株主=大阪市中央区の大阪城ホール【拡大】

  • 雨が降りしきる中、パナソニックの株主総会に訪れる株主=26日午前、大阪市中央区の大阪城ホール(板東和正撮影)

 「賞味期限切れの経営者には辞めてもらい、日産自動車のカルロス・ゴーンみたいな人に舵を切ってもらいたい」。総会では、男性株主が、わざわざ他業種の経営者の名前をあげて、業績改善を迫る一幕があった。現経営陣への痛烈な批判だ。

 誰も議論しない“黒衣”の将来

 津賀社長は、有機EL(エレクトロルミネッセンス)テレビの量産技術を他社に有償で供与する方針を打ち出すなど、従来の家電メーカーのビジネスモデルを抜本的に変革しようとしている。

 消費者向けの家電製品だけではなく、企業向けに技術・製品を販売する“黒衣”のビジネスを強化する方針だ。

 良い商品を消費者に安く大量に供給する「水道哲学」に象徴されるパナソニックの経営スタイルは180度転換されようとしている。その“歴史的瞬間”にもかかわらず、株主からは、新戦略に対する質疑や批判があまりにも少なかった。このため、「パナソニックの将来像について前向きな議論があまり交わされなかった」(証券アナリスト)という指摘もある。

 下手をすれば、「パナソニックは将来像をうまく描けていない」という烙印(らくいん)を押される恐れもある。津賀社長の発信力が試される1年になりそうだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!