ドコモ、他社ユーザーにもサービス開放 顧客管理を番号からIDに変更 (1/2ページ)

2013.7.4 06:00

 NTTドコモの加藤薫社長は3日までに、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、年内にも顧客管理をこれまでの電話番号から、各種サービス利用時に使うIDに変更することを明らかにした。ID管理になることで、スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット、パソコンなど異なる端末から自由にサービスを受けられる。またKDDI(au)やソフトバンクモバイルなど他社ユーザーも、ドコモの電子商取引(eコマース)や音楽・動画配信といった各種サービスを利用できるようになる。

 ドコモの5月末時点の携帯電話契約者数は約6160万件。このうちドコモのID「docomo ID」の取得者数は約1500万件。

 加藤社長は「IDを取得していない携帯電話利用者には年内にもIDを付与して、全契約者の顧客情報をIDで管理する」方針を示した。

利用できるサービスメニューが大幅に拡充する

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!