南米の将来性に注目、食料一貫体制急ぐ 大手商社、集荷網と消費地開拓へ積極投資 (1/4ページ)

2013.7.6 08:00

 大手商社が食料事業への投資戦略にアクセルを踏み込んだ。三菱商事は今年に入り、米国やブラジルの集荷大手の買収を決め、丸紅は米穀物メジャー第3位のガビロン買収に向け手続き中だ。三井物産も豪州などの穀物会社に資本参加しており、生産地での集荷力や調達力の強化を急ぐ。

 一方、中間層が急増する中国やインドネシアなどの消費市場拡大を見越し各社とも加工工場を建設、穀物の調達から加工までの一貫生産体制を築く。強化した穀物集荷力を成長するアジア市場開拓に生かす。

 南米の将来性に注目

 各社が産地対策で照準を合わせるのが、2012年に世界最大の大豆生産国に躍り出たブラジルなど南米だ。ブラジルの穀物輸出は20年に12年比49.8%増の5440万トンに増える見通しで、各社はこの将来性に注目する。

 三菱商事は5月、ブラジルの集荷大手セアグロを子会社化。丸紅は港湾ターミナルに出資し輸出拠点を押さえる。三井物産は子会社化した農業生産法人マルチグレインの集荷網に加え、物流効率化で収益向上を図る。

「調達先の多様化はリスク回避のために不可欠」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!