グーグルなど、市場発展へ政策提言 ネット7社が業界団体設立

2013.9.26 06:00

 グーグル、ヤフーなどインターネット事業7社は25日、インターネット上を行き来する情報の自由で公正な流通促進策を政府に提言する業界団体「アジアインターネット日本連盟(AICJ)」を同日設立したと発表した。

 シンガポールに拠点を置く「アジアインターネット連盟(AIC)」の日本支部の位置づけだが、独立して日本政府に対するインターネット市場の健全な発展に向けた政策提言を行っていく方針。加盟条件はインターネット関連事業をアジア太平洋地域の2カ国以上で展開している企業。発足時のメンバーは2社のほか、米イーベイ、米フェイスブック、アマゾンジャパン、グリー、ディー・エヌ・エー。グーグルの藤井宏一郎執行役員が会長に就いた。

 インターネット関連企業を中心に設立した新経済連盟との違いについて、藤井会長は「新経連はネット以外の企業も加盟しているが私たちはネット業界に特化した団体。連携できるところはしていきたい」と説明した。

 この日は、AICJの政策提言として、インターネット上の情報流通を促進するための著作権制度の見直しや事業者主体のプライバシー保護策の推進などを公表した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!