富士重工、次世代アイサイト発表 カラー技術による車両制御は世界初 (1/2ページ)

2013.10.3 06:08

アイサイト次世代モデルがとらえているカラー映像を液晶モニターで表示した。注意を促す対象が赤枠で囲まれる=2日、東京都新宿区

アイサイト次世代モデルがとらえているカラー映像を液晶モニターで表示した。注意を促す対象が赤枠で囲まれる=2日、東京都新宿区【拡大】

 富士重工業は2日、安全運転支援システム「アイサイト」の次世代モデルを発表した。前方の動きを色識別できる技術を初めて導入し、ブレーキランプの点灯や赤信号を認識して衝突の回避を図るほか、自動運転で高速道路の走行車線からはみ出すのを防ぐなどの新機能を加えた。2014年に国内で発売する新型車に搭載する予定だ。

 次世代モデルは富士重が主力車種に搭載している「アイサイト2」の後継機。ルームミラーの脇に取り付けた「ステレオカメラ」と呼ばれる2台のカメラで前方の車や歩行者などを認識し、衝突の恐れがある場合は自動ブレーキをかける。価格は未定だが、税抜き10万円の現行モデルと同水準になる見通し。

 カメラの性能向上でより素早くブレーキを作動できるようにした結果、衝突を回避できる速度差を従来の時速30キロ以下から同50キロ以下にまで高めた。

バックする際はアクセルを急に踏み込まないよう警報音や表示で注意を促す

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!