水を使わずバクテリアで屎尿分解 LIXILの「エコ・サニテーション」 (1/3ページ)

2013.10.6 07:00

エコ・サニテーション

エコ・サニテーション【拡大】

 住宅設備国内最大手のLIXIL(リクシル)は、トイレの床下に設置した装置内で屎尿(しにょう)を乾燥、バクテリアで発酵分解するだけでなく、水を使わず経費もかからない「エコ・サニテーション」と呼ぶシステムの普及を進めている。

 インドネシアでの事業が9月、国際協力機構(JICA)の協力準備調査(BOPビジネス連携促進)に採択されたほか、6月にはアフリカ開発会議(TICAD)で紹介された。ベトナムや徳島県上勝町などで実証実験を実施しており、インフラ整備や資金が不十分な新興国に加え、先進国でも山間部などで活用できるメリットがあるという。

 このシステムは「循環型無水トイレ」を活用する。屎尿を水で流さないため、汚染が拡散せず地下水や河川などを汚すことはない。バクテリアで分解された屎尿はにおいもなく肥料としての利用も期待できる。

 さらに下水道や汚水処理の設備が不要なため費用がかからず、水不足の地域では水に頼らないトイレとして、屎尿をそのまま河川に流している地域では河川の汚染や有害物質の拡散を防ぐトイレとして環境保全に貢献できる。リンや窒素などの貴重な資源を回収できれば、資源循環にも寄与できるという。

JICAに採択されたのはインドネシア貧困層を対象とする事業

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!