プラズマテレビ撤退のパナソニック 工場建屋の売却、希望退職など検討 (1/2ページ)

2013.10.10 05:15

 パナソニックが、薄型テレビや電子黒板などに使われるプラズマディスプレーパネルの生産を、2013年度いっぱいで停止する方針を固めたことが9日、分かった。

 国内分を製造していた兵庫県尼崎市の尼崎第3工場は既に他工場に生産を移管。稼働を停止しており、建屋を外部に売却する交渉を進めている。13年3月期まで2期続けて7000億円を超える最終赤字を計上する主因となったプラズマパネル、同テレビ事業から完全に撤退することになる。

 プラズマからの撤退方針は31日に予定している13年4~9月期決算に合わせて発表する方向で調整している。パナソニックはプラズマディスプレーの新規開発はすでに打ち切っており、14年3月で製造を中止した後は在庫を販売するだけとなる。

薄型テレビは12年度から液晶に経営資源をほぼ集中

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。