サイゼリヤ、増税後も価格維持へ 新メニュー投入などで対応

2013.10.10 06:00

 外食大手サイゼリヤの堀埜一成社長は9日、消費税率引き上げへの対応をめぐり、税込500円で提供している「日替わりランチ」などの販売価格を来年4月以降も維持する考えを明らかにした。収益圧迫への対策として、新メニュー投入や各店舗の席数増などで売り上げアップを図るという。

 税込価格は、「ミラノ風ドリア」(同299円)など人気が高い定番メニューの多くでも維持する方針。堀埜社長は「(増税分の)3%は飲み込んで消費増税を追い風にしたい」と同日の決算発表会見で説明した。

 一方、2014年8月期に新業態をふくむ87店を新規出店するほか、厨房(ちゅうぼう)を縮小して客席を増やすことで売り上げを底上げし、通期での増収増益を目指す。

 同日発表した13年8月期連結業績は、売上高が前年同期比5.9%増の1104億円、営業利益は23.6%減の75億円、最終利益は28.0%減の39億円。円安や人材教育コストなどの影響で増収減益だった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!