スマホ、iPhone不足で3000万台届かず 2013年度の市場予測 (1/2ページ)

2013.10.10 06:25

 MM総研は9日、2013年度の国内スマートフォン(高機能携帯電話)市場予測を、3月時点の予測より170万台少ない2990万台(前年度比0.6%増)に下方修正したと発表した。NTTドコモのiPhone(アイフォーン)発売観測によるスマホの買い控えや、9月20日に販売が始まった新型アイフォーンの在庫不足が影響したもようだ。

 従来型端末を含めた携帯電話の出荷総数は前年度比5.3%減の3960万台となり3年ぶりに4000万台を切ると予測。スマホの出荷台数比率は前年度より4.4ポイント上昇して75.5%となる見通し。

 9月末時点のスマホ契約数は5015万件で、全体の42.2%に達した。基本ソフト(OS)別シェアは、米グーグルのアンドロイドが63.0%、米アップルのiOSは35.6%だった。iOSの比率は漸減傾向だが、9月20日に新型アイフォーンが発売されたことで今年1月末より0.8ポイント改善した。

スマホの買い控え傾向が強まったうえ…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。