大阪の子供服会社「フーセンウサギ」が破産 大正10年創業の老舗

2013.10.15 11:32

 ベビー向け高級衣料ブランド「CELEC(セレク)」などで知られる老舗の子供服販売会社、フーセンウサギ(大阪市中央区、資本金5億5300万円)が15日、大阪地裁に破産を申し立てた。東京商工リサーチ関西支社によると、負債総額は約30億円。

 創業は大正10年1月。一時、資産管理会社と事業会社を分離していた時期もあるが、現在は一体化している。

 ウサギが風船を持っているロゴマークで知られている。セレクなどのオリジナルブランドを百貨店やショッピングセンターで販売。ピークの平成9年2月期には売上高が約300億円あった。

 だが少子化などにより、25年2月期の売上高はピークの5分の1の62億円まで縮小。大阪市西区の旧本社ビルを売却するなどリストラを進めたが、資金繰りに行き詰まった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!