タブレット日本勢、法人向けに活路 王者アップル追い上げ (1/2ページ)

2013.10.24 06:00

アップルが公開したタブレット端末「アイパッド」の新モデル=23日、東京都千代田区

アップルが公開したタブレット端末「アイパッド」の新モデル=23日、東京都千代田区【拡大】

  • タブレット端末の主要モデル

 米アップルがタブレット端末の新製品「iPad Air(アイパッドエア)」を発表したことで、タブレット市場は一段と活気づきそうだ。ただ、端末自体の差別化が難しく、価格競争も厳しさを増しているのが現状で、ソニーや富士通などの日本勢は、王者・アップルに少しでも近づくべく、法人向けの開拓を急ぐ。

 「この軽さと大きさならば片手で操作できる」

 アップルが23日、東京都内で開いた国内メディア向けイベント。エアの使い勝手を試した報道陣からはため息が漏れた。

 国内のタブレット市場では勢力図がめまぐるしく変化している。調査会社IDCジャパンによると、2013年4~6月のメーカー別シェアで、首位アップルは54.1%と過半を占めたが、前年同期から11ポイント近く低下。日本勢では、ソニーが5.8%で3位に食い込んだ。一方、1年前にトップ3に入っていた富士通とNECは6位以下に順位を落とした。

「ネクサス7」の登場で昨秋から低価格化が進行

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!