準天頂衛星「みちびき」、精度1mのGPS実験スタート (1/2ページ)

2013.10.28 05:32

スマートフォンの画面に映るキャラクターの解説を楽しむ参加者=26日、種子島

スマートフォンの画面に映るキャラクターの解説を楽しむ参加者=26日、種子島【拡大】

 ソフトバンクグループと内閣府所管の財団法人衛星測位利用推進センター(SPAC)は、鹿児島県種子島で、準天頂衛星「みちびき」による高精度な位置情報測位機能や拡張現実(AR)機能を確認する国内最大規模の実証実験を開始した。

 実験の成果は観光ビジネスや災害時の行動把握・情報伝達などに活用していく。政府は世界最高水準の精度の高さやコンテンツ(情報の内容)の競争力を武器にアジア地域などに売り込む方針だ。

 みちびきは、衛星からの信号をほぼ真上から受信する軌道を回るため、山岳などで誤差の出やすい衛星利用測位システム(GPS)の精度を1メートル前後まで高める位置情報補正機能を装備。政府は2010年9月に打ち上げた初号機に続き、19年までに4機で24時間カバーする計画。

 実験は、SPACやソフトバンクのほか、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、県内自治体、ソニーや日立製作所なども協力。約4450平方キロメートルの種子島全域で、11月4日まで3回に分けて島内外の約300人のモニターが参加して行われる。

特定の場所に近づくとスマホの画面にキャラクターなどが登場

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!