ソフトバンクが通期営業益1兆円に挑戦 中間決算は売上高、最終利益とも3社トップ

2013.10.31 17:33

 携帯電話大手3社の2013年9月中間連結決算が31日、出そろった。ソフトバンクとKDDIが、米アップル社製スマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」の販売好調などで営業利益で過去最高を更新した。一方、NTTドコモは端末調達コストを抑え3期ぶりに営業増益とした。

 ソフトバンクは、売上高、営業利益、最終利益で過去最高を更新。初めて3項目すべてでドコモとKDDIを上回った。ソフトバンクの営業利益は66.6%増の7150億円とドコモの4731億円、KDDIの3476億円を大きく引き離した。

 ソフトバンクはiPhoneを中心に契約が伸び、データ通信料収入などの増加が利益に貢献した。ゲーム会社などの買収に伴い発生した株式評価益も寄与し、買収した米携帯電話スプリントの赤字をカバーした。

 ソフトバンクは14年3月期業績見通しを公表していないが、同日会見した孫正義社長は「国内事業が順調で、営業利益は1兆円を突破するメドが立った」と述べ、1兆円以上との見込みを改めて示した。

 下期は、9月にドコモがiPhone販売に参入し、販売競争が激しさを増すとみられる。KDDIの田中孝司社長は「年末商戦を見極めたい」と話し、通期の業績予想を据え置いた。ドコモも通期予想を変更しなかった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!