【和歌山発 元気印】スペースデザインアオイ (1/4ページ)

2013.11.7 05:00

 ■手作りからくり時計で夢の空間演出

 駅前や百貨店を明るく彩り、1時間おきに軽やかな音色に合わせて人形たちがひょっこりと姿を現す。スペースデザインアオイは、そんな「からくり時計」で、街を歩く人たちの目を楽しませている。

 ◆全過程を自社製作

 どんなデザインや仕掛けにするのか。佐々木一也社長はまず、周囲の景色を見回して何か足りないものがないかを探す。そのうえでひと手間を加える。イメージ作りから設計、製作まで全過程を自社でこなす“モノ作り”へのこだわりで、夢の空間を演出する。

 佐々木社長は1977年、大学卒業後に精密機械の製造会社に入社。船や飛行機など駆動部の部品を作る毎日だったが、いつしか「(モノ作りの)初めから終わりまでを全部やりたい」と思うようになった。

 精密機器から店舗デザインの会社に転身し、企画担当として科学館や博物館などの建設に携わった。85年ごろは折しも、百貨店などのショーウインドーに集客を目的とした「仕掛けもの」の展示が広がり始めた時期。からくり時計と出合ったのもそのころだった。

 転機は95年に訪れた。阪神・淡路大震災によって物流が寸断され、社会は混乱。生きるか死ぬかの境遇に陥った人たちを前に、からくり時計や店舗デザインなどを前面に出すことはできなかった。

 熊本県人吉市のJR人吉駅前のからくり時計の計画もあったが、その矢先に会社が倒産。佐々木社長は「スペースデザインアオイ」の前身となる組織を立ち上げ、人吉のからくり時計の受注にこぎつけた。週に一度は現地に足を運び、イメージイラストの作製から、設計、製作、人形の衣装まですべてを担った。高さ約7.5メートル、お城から殿様が姿を現すユニークな時計が見事に完成した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!