【和歌山発 元気印】スペースデザインアオイ (3/4ページ)

2013.11.7 05:00

【会社概要】スペースデザインアオイ

 ▽本社=和歌山市黒田279-4

 ▽設立=1998年10月

 ▽資本金=1000万円

 ▽従業員=4人

 ▽事業内容=からくり時計の企画・製作、屋内外の展示装飾、音響・映像企画制作、店舗デザイン・設計・施工など

                 □ ■ □

 ≪インタビュー≫

 □佐々木一也社長

 ■単純なもので人を喜ばせたい

 --からくり時計作りを始めたきっかけは

 「25年ほど前、大手時計メーカーから依頼を受け、渡された図面に従って職人としてからくり時計を作ったことが最初。わずか3分程度の間に、完結した舞台を作る『すごさ』に憧れた。まさか、自分にできるとは思わなかったが」

 --製作する上での苦労は

 「作業中は特に苦労を感じることはないが、『人が楽しいと思うもの、喜ぶものを作る』というのは大変難しい。からくりというのは後戻りができない。一カ所もミスが許されない。最後に動かすまで正確に作られているかわからないという怖さがある」

 --からくり時計以外にどんなものを

 「博物館の『人間の脳』の模型、動物園の擬岩工事も手がけた。動物園では、そこで暮らすツキノワグマの気持ちになって、本物の岩壁を型取りしたシリコーンゴムに色づけし、隙間にモルタルを流し込んで本物のように仕上げた」

 --これから挑戦してみたいことは

 「障害を持った方々と協力し、彼らのアイデアを生かしたモノ作りをやってみたい。これまで培ってきた技術と彼らの感性を合わせて何か作ってみたいと思い始めている」

 --今後への抱負を

 「今は、からくりでも複雑な機械システムを使う。昔の人はもっと単純なもので人を喜ばすことができた。目の前にある材料だけで人を喜ばすことができればと思っている。当初は、見る人より自分がモノ作りを楽しんで、結果をあまり考えていなかった。そこから技術を追求する段階を経て、今は見た人を楽しませることを常に考えるようになった。『単純なもので人を喜ばせる』という原点に戻ることも大切だと思う」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!