「4K」対応機器、五輪視野に商戦活発化 ソニーなど技術と品ぞろえ競う (1/2ページ)

2013.11.14 06:45

ソニーはスポーツ生中継のための4K機材を拡充している=13日、千葉市美浜区

ソニーはスポーツ生中継のための4K機材を拡充している=13日、千葉市美浜区【拡大】

 フルハイビジョン(HD)の約4倍の画素数を持つ高精細な映像技術「4K」の試験放送が来年から始まるのを前に、4Kに対応した放送機器の商戦が活発化している。ソニーが13日、生中継用の4Kの新商品群を発表するなど「昨年に増して熱気が感じられる」(総務省の南俊行官房審議官)市場となっている。2020年の東京五輪開催が決まり、世界初の4K本放送開始も視野に入ってきた中、各社は世界最高水準の技術と品ぞろえを競い合っている。

ソニーは生中継用

 ソニーが発表した4Kの生中継用カメラシステムは、HD映像の制作にも対応しているのが特徴。カメラなどすべてそろえた場合の想定価格は約1500万円に上る。ただ「広告収入の落ち込みから、放送局側も投資を絞ってきている」(ソニー幹部)のが実情だ。そこで同社は、4K映像から一部を切り出して現行の放送波に載せる機能などをアピール。放送局に対しHD機器からのスムーズな置き換えを提案している。ブラジルで6月に実施した4K生中継のテストには、世界25カ国の放送局関係者が参加するなど関心はすでに高まっている。

競合メーカーも4K対応を強化

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!