食材偽装で高島屋が役付役員の報酬カット 鈴木社長は3カ月10%返上、他は5%

2013.11.21 17:44

 高島屋は21日、百貨店内のレストランなどで発覚した食材偽装表示の責任を取り、鈴木弘治社長から常務までの役付役員6人が2014年1月までの3カ月間、役員報酬を5-10%返上すると発表した。同日の臨時取締役会で決めた。

 他の役員は専務が2人、常務が3人。返上額は鈴木社長が報酬の10%、他の役員は同5%とした。また同様の責任を取って、ショッピングセンター(SC)運営子会社の東神開発の社長と副社長も報酬の5%を3カ月間返上する。

 同社では百貨店とSC計11施設のレストランや総菜売り場24店で偽装が発覚した。レストランの運営などは専門業者への委託が中心だが「お客さまから見ると高島屋の施設には変わりがない。社会的影響が大きく経営責任を重く受け止めている」(広報)として責任を明確化した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!