11月携帯純増数、ドコモは改善 ソフトバンク首位堅持

2013.12.7 05:00

 携帯電話会社3社が6日発表した11月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約数を引いた純増数はソフトバンクモバイルが23万7100件で23カ月連続で首位を堅持した。

 番号持ち運び制度(MNP)を利用して契約先の携帯電話会社を変更した転入出数では、KDDIが5万6800件の転入超過で、26カ月連続で首位を維持した。

 NTTドコモは純増数が9万3400件(10月は3万7100件)、MNPの転出超過が6万8600件(同9万3100件)となり、いずれも改善した。9月20日の発売以来、品不足が続いていた米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)5s」が11月下旬から店頭にそろい、予約分の受け渡しが進んだことが要因。アイフォーンを導入した一定の効果が表れた。

 KDDIの純増数は19万200件で2位、ソフトバンクのMNP利用の転入出数は1万2300件の転入超過で2位だった。

 一方、電気通信事業者協会が6日まとめた携帯電話の11月の総契約数は前年同月比5.8%増の1億3583万2000件で、実数では52万1000件増えた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!