NTT公衆電話、通話料20年ぶり値上げ 10円で「57.5秒」 (2/2ページ)

2013.12.17 06:30

公衆電話の10円当たりの市内通話時間

公衆電話の10円当たりの市内通話時間【拡大】

 しかし、97年4月に消費税が3%から5%に引き上げられた際には市外通話区分を、一部を除き0.5~3秒分値上げしたが、市内通話は据え置いていた。

 来年4月に消費税が8%になれば市内通話にも増税分を転嫁せざるをえないと判断。市内、市外の両方の通話時間を、利用状況を考慮して0.5~2.5秒短縮することにした。20キロメートルまでの市外通話は現行の42.5秒10円から40.5秒10円に2秒短縮する。

 全国の公衆電話を管轄するNTT東日本と西日本によると、公衆電話事業は赤字が続いており、設置台数は漸減傾向にある。

 ピークの85年には全国で93万4900台あったが、今年3月末には4分の1以下の21万400台まで減少。来年3月末までにはさらに1万7000台撤去する計画だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。