【開発物語】テクノス「CSM工法」 4つの回転カッターで地盤を掘削 (4/7ページ)

2013.12.23 05:00

テクノスがCSM工法で手がけた工事の中で最も規模が大きく難度が高かった、首都高速中央環状新宿線で既存の地下トンネルを拡幅する工事の様子

テクノスがCSM工法で手がけた工事の中で最も規模が大きく難度が高かった、首都高速中央環状新宿線で既存の地下トンネルを拡幅する工事の様子【拡大】

  • テクノスが本社や工場を構える愛知県豊川市の拠点
  • テクノスでCSM工法に携わるメンバー。クアトロカッターの前で、左から阿部さん、関口さん、石川さん、中庭さん
  • 回転カッターが激しく回り、小さな煙を立てながら地盤を掘り進んでいく

                   ◇

 ■「ひと味違う、オンリーワンの工法」

 ≪TEAM≫

 テクノスでクアトロカッター誕生のきっかけを作ったのは、4人の中で最も若い主任の石川忠宏さんだ。「タンデムカッター」と呼ばれる2つの回転カッターを取り付けた掘削機械を2005年に京都府内の国道工事で投入したところ、玉石を多く含む地盤だったため、掘り進んだ回転カッターが、重くなった土に埋まったまま引き上げにくくなるトラブルが頻発。終了後、問題点を整理して、「回転カッターの数を4つに増やせば工事がしやすくなる」と会社に提案した。これにより掘削や練り混ぜの性能が向上。また、掘削機械を全体的に見直したことで組み立てや解体も容易になった。

 クアトロカッターを実戦で投入した後、各地での地中連続壁の工事で施工管理を担当したのが、ともに工事部担当課長の関口猛志さんと中庭良弘さんだった。関口さんは、06年に千葉県内でクアトロカッターを備えた掘削機械を使って初めて試験工事をした際に立ち会った。作業員も手探りで、最終的に約60メートルまで掘り進んだが、「途中で空気圧縮機をより高圧のものに取り換えるなど、試行錯誤を重ねた」と当時の苦労を振り返る。

 中庭さんは、渋谷ヒカリエの地中連続壁の工事を皮切りにCSM工法での現場経験を積んできた。最も印象深いのは、首都高速横浜環状北線の新横浜出入り口の工事。このとき、初めて1人で施工管理を担った。近隣にマンションがあり、周辺住民への騒音抑制に気を配った。

 基礎事業部長の阿部孝敏さんは、CSM工法の導入に一貫して関わってきた中心人物。「ひと味違う、オンリーワンの工法を目指したい」と強調する。

 工事現場では、同業他社が見学に訪れて質問をしてきたりすることもあるという。中庭さんは「CSM工法を知らない人は(建設関連も含めて)まだ多いと思う。これからも工事を通じて広めていければ」と話す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!